坊主Bar-総合ページ 設立宣言

   

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



お問い合わせ先 大阪市平野区真宗大谷派 瑞興寺
〒547-0042 大阪市平野区平野市町3の4の17
TEL(携帯) :090-3488-9056(清)
E-mail : vows@oct.zaq.ne.jp

始祖 VOWS BAR設立宣言/ 沿革 他

VowsBarのその設立された願いと 意味を宣言した、設立宣言と、その前身の「ひらの聞思洞」について紹介します。

心斎橋坊主バー心斎橋坊主バー

  -1992.2.10-


広大会広大会より






私が私であることに なかなか頷けないけれど  事実 私は私だ
物事の道理に なかなか気付けないけれど  事実は道理に従っている

この私が今そのことに 気付くことがなかったなら
いつ 気付けるか分からない
私は今 全てのいのちと共に  その事実に気付いた

自ら真実に生き 真実に生きようとする 全てのいのちと共に 
この道を求め
この上なき願いを胸に秘め  
世界の端々まで注意深く 物事の本質を見通し
あらゆる圧迫を恐れずに 進む

私は今 その真実に触れた   真実を私の核として 今 街に出よう

我々は今 大阪ミナミの地に  あらゆる人々が 水平に出遇う
VOWS BAR(誓いの場) を設立する


presented by V.O.W.S

心斎橋坊主バー心斎橋坊主バー壁サイン
心斎橋坊主バー心斎橋坊主バー
心斎橋バーカウンター内心斎橋坊主バー
心斎橋坊主バーカウンター心斎橋坊主バー

   

syaka.jpg


坊主バー=Vows Bar と名付けたのは、英語のoriginal vows =(阿弥陀仏)本願 のvows(意味;誓う)と、「ぼうず」が音が似ているところからつけられ、
Vows Bar / 坊主バー と名付けられています。 


vows-05.jpg

ロックバーをやっていた某氏と瑞興寺住職のひらの聞思洞の語らいから、大阪坊主バーが始まりました。大阪、千日前(日本橋)の二度とたどり着けないくらいわかりにくいコアな場所に、Four Rozes Vows Bar が始まります。その後、心斎橋アメリカ村に移転。他、数店、派生店、後継店が生まれていきました。



最初は隠れ家的なカウンター席5人くらいしかない狭い場所から始まります。この店舗には2Fに上がると畳がある4?6?畳くらいの畳スペースがありました。畳で座談のできるスペースのこのスタイルは後、移転に「その条件」が坊主バーの構成要素になっていました。

1992.02.10
Four Rozes VOWS BAR (日本橋) 開店

日本橋店、坊主がバーにいるというモノ珍しさから、当時から取材をいただいたり、音楽演劇等アーティスティックな方々なんかが出入りしてくださったりと、あと、2階畳のある部屋で座して語れるという「秘密基地」的な空間も思い出の一つです。

1995.秋
心斎橋日宝三津寺会館に移転

前より少し広い店舗にお店を移し、こちらも2階に畳座談スペースありのバーとなりました。日本橋の頃より何代目かの名物バーテンやお客様が、数々のエピソードをお残して行ってくれてます。

心斎橋開店後
派生的な店

派生的なお店として、坊主スタッフとして入っていたことのある方が、京都に 弥光庵 設立。

2000
東京 進出 、四谷 坊主バー

坊主バースタッフなどをなさっていた方が東京に・・ということで、四谷に坊主バー東京一号店が進出しました。

2004
東京 2号店 中野 坊主バー

東京2号店として、初代店で坊主バーのお客様だった方が縁あって得度し、その後、坊主バー2号店をオープン。

2004
心斎橋坊主バー Webページ 開設

大阪心斎橋坊主バーのWebページの開設を、このGeocitiesに解説。あまり更新もされてないページでした(苦笑)。この頃が一番、坊主バー本家のころも色々厳しかったのも思い出です。それとは対照的に、東京の2店舗は、大変活気ある名物バーとなりました。

2008.3.28
心斎橋店 closed -心斎橋坊主バー閉店のご挨拶-

大阪坊主バーは、1992年に日本橋で産声を上げました。はじめは千日前(日本橋)その後、大阪アメリカ村すぐ三ッ寺界隈の雑居ビルに場所を移し16年の年月を経て、この2008年3月を持って心斎橋店は閉店させていただきました。いろんな形で場を続けようと模索してまいりましたがVowsBar設立宣言にあるように一号店は、その設立の目的その役割を終えたのだと思います。16年の年月の中の思い出は皆様とともに今もそこに在ることと思います。本当に、永らくのご愛好、皆様ありがとうございました。尚、VowsBarの設立宣言に込められた願いは、今も、2号店、3号店の、東京店(四谷/中野)にて、受け継がれております。今後ともかわらずご愛好の程、よろしくお願いいたします。  ------2008年3月 坊主バースタッフ一同より-------

2008.春
仏教サロン Thangak Club、バー供華 Open

心斎橋坊主バー閉店後 日本橋・心斎橋に所縁のあったバーテンやスタッフが、仏教サロン Thangak Club、バー供華を開店。坊主のいる「場」として坊主バーのいわばスピンオフ店を開き、関西での坊主バーの「空気」を伝えておりました。

2010.秋
京都 坊主バー

関西に、ようやっと、坊主バー復活です。しかも坊主の本場、京都に登場です!

2012.9.10
大阪 坊主バー URO

大阪、天神橋筋六丁目に 坊主バーが復活しました!ようやっと大阪に戻ってくるまで長い時間がかかりました。

心斎橋坊主バー心斎橋坊主バー2F
心斎橋坊主バー心斎橋坊主バー2F
心斎橋坊主バー心斎橋坊主バー2F
心斎橋坊主バー心斎橋坊主バー2F

   

ひらの聞思洞  ひらのもんしどう

瑞興寺(真宗大谷派 平野区)  

zuiundou5.jpg

瑞興寺(大阪市平野区)の ひらの聞思堂が行われてる 瑞雲堂

ひらの聞思洞へのご案内 ~『自分を語り合う集い』~

原則的に 毎月第1土曜日 午後7時半から 瑞興寺瑞雲堂にて   
瑞興寺の瑞雲堂で語り合う座談会です。

◎先ず住職が、そのとき思っていることをオープニングスピーチとして、15分くらい語る
◎それから参加者の発表です。
◎初めての人は「自分史」を語ってもらいます。
プライバシーに触れない程度でけっこうですから、その人が今、こうあることの背景を語って頂きます。
◎2回目以降は「最近の私」ということで、最近したこと・思ったこと・考えたことなどを語り合います。
◎多くとも7~8人くらいの集いですが、それぞれが発言する内にだいたい皆でワイワイ言い合うことになります。
◎9時半頃からは、純米酒が出てきて、一層快調に座談が深まります。(ちなみに瑞興寺には、お酒専用の冷蔵庫があります。)

●どなたさまでもご自由に参加できます。
        ぜひ一度ご参加ください→詳細は瑞興寺にてLinkIcon